blue


Archive for 12月, 2006

愛憎

気まぐれの愛に罪は無く

信じる強さも飢えには弱い

排他的な感情と行動が

夢と現実を重ねようとする

終わりと背中合わせのはじまりに

消える真実を伝える言葉も見失う

音の無い独りだけの空間に

着信音だけが耳鳴りのように響く


2006年

今年も、残すところあと一日。

自分ではがんばろうと思っていたけれど、

終わってみれば中途半端なことばかり。

何が足りないのかな。

想い出は多い年だったから、

後悔してることなんてないけど、

自分らしかったかどうか分からない。

来年は、考える年か、感じる年か。

今年が終わる頃には答えが出るだろう。