とまった時間を永遠に残すもの

薄れる意識でさえ残酷な哀しみを映す

冷たい風は通り過ぎるけど

その後に残るものは何もない

過去の終わりは未来へのはじまり

歪んだままの視界にもきっと

そのうち慣れるだろう

まだもう少し歩いてみたいから