それはまるで

マイナスを知って、プラスの意味に気づくように