そっと夢にしまって

醒めない夢は

もう見たくないから

あなたが昔、俺に隠したこと

俺が今、彼女に隠してる

そう、可能性のない恋

もう会えないのは分かってる

もう会わないつもりだった

最後に綴った書きかけの小説を

心のどこかでまだ憶えてる

新宿の空は、今も哀しいけれど

京都の冬は、もうすぐ終わるよ

・・・生きてるよ、俺も。

一度死んでるけどね