blue


Archive for 8月, 2000

まるで絵に描いたような現実

想いのベクトルは常にマイナス

未来を逆走する想いは

今も届かないまま・・・

左眼はきっと過去を見ていたのだろう

でも、開いた右眼に未来は見えない

再び左眼が開いた瞬間

いったい何を見るのだろう


生きている実感は

死と隣り合わせの生活の中で

幸せの喜びは

哀しみの涙を絶やさない日々に

相反するものを求めているの?

片方じゃ物足りないの?

矛盾を求めることと何も求めないこと

どっちが幸せかな・・・


この薄れてゆく感覚が

たまらなく懐かしい

その度に言い訳をつなぎ合わせ

溢れる涙に酔わされて

開いたアルバムにまた一つ

想いを閉じ込める

自分が今すべきこと

自分が今できること

イコールじゃない気がする

どんな車を買うか迷ってる

それはただ単純に、でも哀しく

これからどう生きるかってことだから・・・