色褪せたdiary

今はもういらない

抜け出せない過去から見上げた空は

いつも冷たく、どこか寂しげで

夢を失った星ばかり

廻り始めた明日はまだ眩しいけれど

白い砂に刻んだ想い出は

切なさの風に吹かれ青く消える

歪んだ景色さえも

あなたさえいなければ傷つくこともなかった

想い出の中にはいつもあなたがいた

生きる意味さえ必要なかった

口ずさむmelody

あなたを謳うlove song

時代の風に逆らって歩いた日々も

あなたと口づけを交わした冬も

そっと胸にしまいこんで

現実と幻想の間で踊る

ピエロを演じる自分に疲れ

流れた涙の痕にうつる真実から

今はもう逃げないで

あなたさえいなければ失うものもなかった

大切なものは過去に残したまま

癒えない傷はそのままにして

Never comes the night again

but it is just a Loop…