傷だらけのサングラス

古びた想い出に寂しくなって

星のない夜空をまた眺めてる

現実を離れ、美化された映像に

君はもう映ってはいないけど

今でもたまに繰り返して見るよ

塗り替えられた経験と

ただ増えるだけの罪悪感

心はまだここにいるのに

もう一度あなたと・・・

でも、いつかきっと

うつむいた過去の自分と

分かり合える時が来るよ

偽りの真実に彩られ

築いてきた自分のすべてを

今なら否定できるから

間違って壊れた過去も

傷付いて亡くした未来も

すべて忘れ、今だけを

もう二度と君に・・・

二人が選んだ哀しい涙は

闇にこぼれた光のように

どこまでも堕ちてゆくけど

なくしかけた意味を取り戻すために

色のないそして消えない過去で描いた

最後のらくがきをここに残して