blue


Archive for 10月, 1998

真実と永遠の殻を破り手に入れた魅力

それを君は嫌う

以前の俺の方がよかったか?

でも、もう戻れない

戻りたくもない

君に捨てられた過去の俺に

もう未練はないから

完璧は崩れ、傲慢さの残る今の俺に

もう魅力はないかい?

次は何色に染めればいいの?

お互いどれだけ汚せば気が済むの?

もう止めようよ・・・

自分のために生きてきた過去に

後悔はない、でも・・・

これからは誰のために生きればいい

そして、何のために


そろそろ一年か・・・

君と出会い

喜びを知り、哀しみを知り

愛を知り、憎しみを知った

今の俺があるのは、きっと

君のおかげ

ほんの一瞬でも

君を感じ

君と時間を重ねた記憶は

俺の大切な想い出

決して忘れないよ

ちょっとせつなくて、でも

抱きしめたくなるような

そのかわいい瞳

もう二度と会うことはなくても

いつかきっと・・・

季節はもうすぐ終わりを告げるけど

いつまでも色褪せない想いを

今はただ一片の詩に代えて・・・never again


クリスマスなんてただの口実

君を想う気持ちに冬はない

でも、心と体は凍えそう

このままじゃ涙も輝きを失せてしまう

記憶にひびが入る前に

ぬくもりに手を伸ばしたい

一瞬と永遠に

どれほどの違いがあるというの?

たとえ永遠じゃなくとも

今はただ君のそばにいたい

たとえ一瞬じゃなくとも

今はただ君を忘れたい


俺は君を忘れようとしてる

記憶の中の君はいつも哀しく微笑む

君を見ても辛いだけ

どうして捨てられない

どうして壊せない

どうして・・・

最近気付いた

俺が今していることは

そう、あのときから

ちっとも変わっちゃいない

もう・・・独りじゃ歩けない

だから、誰かそばにいて・・・


meet again

I know of you, I don’t know you

You know of me, You don’t know me

We need real time to be with

so, hold me…

Because the time between us stays in the future

we cannot get back yesterday

Because the tears for insanity lost in the past

we won’t make the same mistake

…but…

I know just a single fact

No words can tell me your heart

so, kiss me…

Now I’m blind

Maybe I’m leaving to hurt you

Maybe I’m stopping to love you

Maybe I’m going to the memory

Tell me the way…….before I reach the illusion city

Although to meet is to leave

we can see over and over again…

so, love me…


俺が想う君も

奴の目に映る君も

君が心に描く自分の姿も

どれも真実で、どれも偽りの君

ホントの君を選ぶことなんて

きっと意味のないことだよ

君が俺にかける冷たい言葉も

君が奴に見せる幸せな笑顔も

君が独り部屋で隠す涙も

すべて君のかけら・・・

すべてのかけらを集めることは

きっと出来ないけれど

だからこそ君を

ずっと想い続けていられる

だけど、今は・・・

俺にはどうすることも出来ない


そんな簡単なこと

誰だって分かるよ

だから難しいんじゃないか


あなたを手に入れることは彼女を失うこと

彼女を手に入れることは君を失うこと

君を手に入れることは・・・

結局すべては一点に集まる

それを「終わり」と言うか、「始まり」と言うか

ただそれだけの違い


自分を偽るだとか真実を外に出さないとか

そんなことどうでもいいじゃないか

本当の自分なんて

いったいどこにあるというの?

今自分がやりたいことをやればいい

自分が二人いれば、二人分を・・・


年上の女

これは夢か現実か

今はまだ分からない

二人は出会ったばかりだけど

時間は過去しか作らない

君との記憶が静かに

脳細胞を占領してゆく

気付いたときには

たぶんもう手遅れ

君は偽りの笑顔で心を飾り

真実の仮面をつけた危険な女だけど

わずかに覗く透き通った瞳は

後戻りできないくらい深くて

形のないかわいい声は

心の番人を惑わせる

今度君に会うときは

この気持ち伝えたい

メタルラインじゃ

心は送れないから・・・